便が長い間体内にいる事で善玉菌が減って悪玉菌の勢力が強くなる

便が長い間体内にいる事で善玉菌が減って悪玉菌の勢力が強くなる

便秘で悩んでいませんか?便秘になると特に女性が気になるのは肌トラブル。

 

便秘は女性がなりやすい症状の一つですが便秘になると美容の上でどんな問題が起こるのでしょうか。ここで解説します。

 

便秘を解消するのにも酵素が大活躍です。今すぐに解消したいと考えている方はお嬢様酵素をおすすめします。

 

便が溜まると腸内環境が悪くなる

 

便秘が長く続くと、腸内には便がずっと滞留している状態になります。便とはそもそも摂取した食事から必要な栄養素を取り除いた老廃物です。ですから可能な限り早くに体外に排出した方が良いのです。いつまでも体内に留まってもらっても良い事はありません。長い間に便が体内に居座る事の問題点としては、まず便の腐敗と発酵が進行する事です。便が長い間体内にいる事で善玉菌が減って悪玉菌の勢力が強くなるので、有害物質やガスが発生します。

 

有害物質は皮膚から出ていく

 

有害物質が増えてくると、身体はそれを排除しようと防衛しようとします。

 

でも便が詰まっていますから出口は塞がられた状態です。そこで有害物質は腸壁から吸収されて、血液中に溶け出して全身に運ばれる事になります。

 

このようにして体中に運ばれた有害物質は、汗や皮脂などの形を借りて毛穴から体外へ出されます。こういった働きのおかげで有害物質を体内に溜める事なく生きる事ができるのです。ただ、肌細胞には元々肌に溜まった汚れや余分な水分を排出する作用があります。有害物質の排出だけに手間取ってしまうと、通常の肌細胞の作用だけでは肌の新陳代謝が追いつかないという事態になります。このような事になると汚れを取り除く事ができずに、肌荒れの原因になり肌の状態が悪くなってしまいます。

 

自律神経も肌荒れを促進する

 

さらに、腸内環境が悪くなると自律神経の働きも悪くなります。自律神経は新陳代謝を司る部分ですから、この働きが落ちてくる事で肌トラブルが起きやすいという面もあります。

 

免疫力も低下してしまい、荒れ始めた肌を自然に整えていく事も難しくなってしまいます。自律神経は腸の機能とも深い関係があるので、バランスを崩すようになると排便のトラブルに繋がってきます。したがって便秘も肌荒れもより一層ひどくなっていくという悪循環になります。肌トラブルになる原因にはいろいろあります。しかし、便秘は女性には身近な症状でこれを読んで思い当たる人もいると思います。肌荒れになると外側からばかりケアする事に気をとられがちではないですか?内側からの改善もすごく大事なことですよ。腸内環境を整えて便秘を解消していきましょう。

 

参考サイト:お嬢様酵素