野菜別により多くの栄養分を確保できるメニューがある

野菜別により多くの栄養分を確保できるメニューがある

健康な食生活を維持する為には野菜の確保が必要であり、毎日美味しく食事に取り入れていくためには、バリエーション豊かな調理方法で野菜を美味しく仕上げていく必要があります。

 

見た目の華やかさであったり、栄養価を重視してメニューの食材を選ぶことが基本となりますが、その際に野菜の栄養価についてもよく考えてみる必要があります。

 

野菜は、歯ごたえを重要視して調理方法を選ぶ傾向にありますが、野菜に含まれている栄養価を細かくチェックしていくことにより、野菜別により多くの栄養分を確保できるメニューがあります。

 

野菜に関与してる栄養分において、加熱をすることで減少してしまうのはビタミンC、ビタミンB1、パントテン酸などです。

 

これらを多く含有している食材は、炒め物に利用した方が効果的となります。強火で表面に焦げ目をつける程度で、中心部分は生の状態で食べるようにします。

 

ピーマンやブロッコリー、カボチャ、ジャガイモなどは熱に強い食材であるため、炒め物や、より加熱をする揚げ物にも向いています。

 

一方で、加熱をすることによって栄養価が損なわれてしまう野菜として、大根やかぶがあります。これらの食材には消化酵素であるジアスターゼが含有していますが、熱に弱い成分となるため、漬け物などで摂取するようにします。

 

そして、山芋に含まれている、消化酵素も加熱をすることに酵素が消滅してしまうので、できるだけ生の状態で食べる事を心がけるようにします。

 

野菜は色別に見て、加熱に向いてる食材であるか見分ける事が可能です。主に赤色や黄色い野菜はカルテノイドが多く含まれている加熱に強い野菜となります。

 

そして、緑色や褐色系の野菜は熱に弱い傾向があります。これらの野菜の特製を考慮し、栄養価を確保しながら美味しく仕上げていくレシピが効果的となります。

 

野菜は、空気に触れる時間が長くなると栄養分が損なわれてくるため、野菜を購入する際にはまとめ買いをせずにその都度買ってくるように心がけるようにします。