酵素は生体で起こる化学反応に対しての触媒の役割を果たす分子

酵素は生体で起こる化学反応に対しての触媒の役割を果たす分子

酵素ダイエット、酵素ドリンク。最近よく聞く言葉ですが、そもそも酵素って何か、どうして痩せるのか、そのメカニズムについてはっきり答えられる人は意外と少ないのではないのでしょうか。酵素とは、生体で起こる化学反応に対しての触媒の役割を果たす分子のことであり、その種類は一つではなくて私たちの身近に様々な働きをするものがあります。

 

酵素の種類は洗剤に配合されている汚れを分解する酵素、発酵食品などに含まれている食物酵素などいろいろあり、医療をはじめとした様々なでも活用されていますが、なにより一番重要なのは私たちが食べ物を消化、吸収したり、代謝、排泄するに至るまでのすべての過程において酵素が関わっているということにあります。

 

酵素ダイエットというのは体の中に酵素ドリンクなどを飲むことによって積極的に酵素を取り込むことです。そうして酵素を飲まない状態よりも、より体の代謝を高めてダイエット効果をあげていくという新しいダイエット法です。

 

酵素は果物、発酵食品にももちろん含まれています。しかし、酵素は50度前後の熱やph濃度の変化によってすぐに失われてしまう大変デリケートな性質を持っています。大体のものは生で食べない限り酵素を体内に取り込むことはできません。

 

酵素ドリンクは、いろんな種類の野菜や果物を発酵させて作られたものであり、この酵素を体内に取り入れるときの問題点を完全にカバーしてくれるという利点があります。

 

酵素ドリンクによるダイエット方法は、ただ食事の量を減らさずに酵素を飲むだけ、というのではなかなか効果はあげにくいと思います。

 

一番ポピュラーなのは酵素ドリンクを普段の三食の食事のどこかで置き換えるという軽めの食事制限をするものです。食事制限をすると栄養バランスが偏りがちになりますが、酵素ドリンクは体に必要な栄養や代謝を上げる酵素をたくさん補ってくれるので食事制限をしても肉体的は負担が少ないのです。また、それ以外の食事はそれほど気にせず普段通り食べてよいのも心理的に楽に取り組むことができるのです。

 

無理せず代謝にに良いものを取り入れるから痩せる、これが酵素ダイエットが痩せる秘訣です。